父が若年性アルツハイマーになった② ~第一章 物忘れが出始めた頃の様子~

f:id:momofamily:20210410104436p:plainf:id:momofamily:20210410104655p:plainf:id:momofamily:20210410104716p:plain

 

f:id:momofamily:20210410104835p:plain2014年秋ごろの父の行動に違和感を感じ始めた。

 

その年の冬には、日常生活に様々な支障が出始めた。

 

会社の会議で前回話した内容を忘れてしまったり、同じ週刊誌を買ってきてしまうこともあった。

 

父も、「暗算ができない」と自覚し、店の会計時、おつりがいくらになるか瞬時に判断出来なくなっていた。

 

一度や二度ならたまにあることかもしれないが、父の場合はそれが続いたため、心配した母が父を病院に連れて行くことにした。

 

(次回に続く)

 

にほんブログ村 介護ブログ 若年性認知症へ
にほんブログ村