ダブルケアの始まり⑤

f:id:momofamily:20210413165409p:plain
f:id:momofamily:20210413165423p:plain
f:id:momofamily:20210413165433p:plain
f:id:momofamily:20210413165443p:plain


「父が若年性アルツハイマーかもしれない」


そんな不安が頭から離れず、一人で隠れて何日も涙を流す日々が続いた。


だけど、どんなに涙を流しても生きていれば明日はやってくる。


父はずっと明るく日常を過ごしていた。


父が病気について語ることはなかった。


「カレーうまいな」


と沢山好物のカレーを食べたり


「それー、それー」


と、孫と遊んで笑ったり


父は日常生活を普段通り過ごしていた。


そんな父の姿を見て、


私は「父が若年性アルツハイマーかもしれない」
と不安を抱きながらも段々と落ち着きを取り戻し、隠れて泣くことはなくなった。

(次回へ続く)

↓ポチっと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村