笑って過ごして下さいの意味 母手記 主人がMCI(軽度認知障害)と診断されて

f:id:momofamily:20210420180419p:plain


「笑って過ごしてください」の意味 母手記



MCI(軽度認知障害)と主人が診断を受け、進行していく姿に病院の先生に


「何をやったらいいですか?どうやって過ごしたらいいですか?」


と聞いた時の先生の答えでした。


私は何か具体的にこれをやるとよい、こうするといいよ的なアドバイスが欲しかったのだと思います。


その時は、正直


「困っているのに笑えないし、笑えないから困っているのに」


となんだか気の抜けたようながっかりしたようなそんな気分でした。


しばらくしてその答えがぱっと見える時が来ました。


ケアマネさんや病院のスタッフの方、専門家の方に同じ病気を持つご家族の方を紹介して頂き、お話を伺う機会を頂きました。


日々本当に大変なことがあり、一つ一つのエピソードに


「それは大変でしたね」


と何度も頷いていました。


その時先生から「笑って過ごしてください」と言われたことの話をし、専門家の先生が


「それはご主人はもちろんだけど、奥さんやご家族の方も笑って過ごしてほしいということだと思います。


と言われ妙に納得しました。


進行していく姿に焦点を当て、


「何とかしよう何とかできないか」


「えーダメかも、そんなー」


等々見ていると笑えることもなく、周りが見えなくなってしまうかもしれません。


確かに色々なことがありますが、日常の中で自分の好きなことをしたり、音楽を聴いたり、友達と会っておしゃべりをしたり、散歩したり、何かしら自分の時間や趣味を持つことが大事だと気づかせて頂きました。


マイナスのスパイラルに入ると何も見えなくなることがあります。


気持ちが落ち込みそうになると、どっぷり落ち込むこともありますが、おいしいものを食べたり散歩をしたり、ポケモンのゲームであそんだりして気分転換を図っています。


万歩計も付けて一日8000歩を目指していますが、これがなかなか、、


小さな一歩ですができることからやっています。


これからも、休んだり座ったり、泣いたり笑ったりしながらみんなでゆっくりゆっくり歩いていこうと思います。


ポチっとお願いします↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村