ダブルケアの問題点まとめ

f:id:momofamily:20210608174755j:plain

 

 

ダブルケアの問題点 ①相談できる人がいない

 

f:id:momofamily:20210608174948j:plain

 

f:id:momofamily:20210608175013j:plain

 

f:id:momofamily:20210608175107p:plain

 

 

 

ダブルケアの問題点 ②家族で話し合う間もないままいきまり介護が始まる

f:id:momofamily:20210608175602p:plain

 

ダブルケアの問題点 ③金銭的負担が大きい

 

f:id:momofamily:20210608175649p:plain

 

 

 

ダブルケアの問題点 ④ハードスケジュールになってしまう

 

f:id:momofamily:20210608180706j:plain

 

父は先月から薬の調整のため入院中ですが、父が入院するまでは、育児か介護どちらかを選択しなければならない状況も沢山ありました。

 

 

本来であれば、息子の母子療育を優先したい場面でも、父の体調が悪かったりすると身動きが取れず、療育をお休みしてしまう日もありました。

 

 

育児も介護もどちらもやらなければならないのがダブルケア。

 

 

今回息子が生まれてからダブルケアをしてきて、何よりも

 

 

「事前に備えておく」ことが重要だと感じました。

 

 

介護の話題は、家族みんなが元気なうちは話しにくい内容だと思いますし、金銭面の話し合いなら、なおさら話しにくいと思います。

 

 

 

それでも、誰がメインとなって介護するか、金銭面はどうするか話し合わないまま介護が始まってしまうと、メインで介護している人が精神的、肉体的、金銭的にもちません。

 

 

「何で自分ばっかり」と、トラブルの元になってしまいます。

 

 

私の家は、介護についての話し合いをもっと早くすべきだったと今になって思います。

 

 

現在は、金銭面、介護の負担をどうするかなど話し合い解決しましたが、事前に話し合っておけば、いざという時に他の家族に頼りやすかったはずだったと思います。

 

 

話しにくい内容こそ、時間が経てば経つほど、よりハードルが上がってしまうと思います。

 

 

公的機関に頼ることも重要ですが、まずは家族間で話し合った上で、公的機関に相談するとよりスムーズかと思います。

 

 

父は今月退院予定ですが、また家に戻れるか、どうなるかまだ分かりません。

 

 

父が退院した後は、家族みんなで協力し合って父を支えていけたらと思います。

 

 

 

私は介護の専門家ではないので、専門的な知識を踏まえてダブルケアについて語ることは難しいですが、自分の経験を伝えることで、少しでもどなたかの役に立てたらいいなと思います。

 

 

 

読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

↓ポチッとして頂けたら嬉しいです(^ ^)

 

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村