孤独な子育て① 息子の自閉症が判明するまで

f:id:momofamily:20210701154917p:plain

 

f:id:momofamily:20210701155015j:plain

 

f:id:momofamily:20210701155036j:plain

 

f:id:momofamily:20210701155048p:plain

 

 

一歳半検診が終わってから、療育施設を一ヶ月探し回ったけど、少なくとも半年以上は通えない状況だった。

 

 

療育施設を探し回っていたわずか一ヶ月の間にも英太の自閉症の傾向は強くなっていった。

 

 

より一層こだわりが激しくなり、おもちゃを並べる順番が少しでも自分の思い通りにならないと癇癪を起こした。

 

 

私はこの頃から人目を避けて行動するようになった。

 

 

大きな公園や子育てサロンには、行かなくなった。

 

 

誰もいない公園。

 

 

誰もいない広場。

 

 

誰もいない場所ばかりを選んだ。

 

 

誰にも会いたくない。

 

 

他の子供と比べてしまうのが嫌だ。

 

 

ママ友にも、もう会いたくない。

 

 

だって、もう私はみんなとは価値観が違うから。

 

 

みんなが楽しそうに習い事の話をしていても、私は話についていけない。

 

 

英太は習い事は癇癪を起こしてしまい、出来ないだろう。

 

 

話を聞くだけで、虚しくなる。

 

 

ついこの前まで、ママ友みんなと楽しく話せたのに。

 

 

 

(次回に続く)

 

 

余談

 

ちなみに、この頃、父は軽度認知障害を患っていましたが、まだ一人で出かけることが出来る状況でした。

 

 

f:id:momofamily:20210701161103j:plain

 

父とは毎日一緒に散歩に行っていました。

 

 

でもずっと一緒にいるわけではなく、散歩から帰ると、父は一人で出かけていました。

 

 

父がいない時間は、私と英太は子育てサロンや大きな公園によく行っていました。

 

 

しかし英太が一歳半になる頃から、私は人目を避けて行動するようになりました。

 

 

もし、父がいなかったら、私は完全に家に引きこもってしまっていたと思います。

 

 

父が「もも、英太、散歩に行こう」と毎日のように声をかけてくれた事に、感謝しています。

 

 

↓ポチッと応援お願いします。

ついに漫画のストックが切れたので、漫画が完成したら都度更新します

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

 

次のお話

momofamily.net

 

前回のお話

 

momofamily.net

 

一歳半検診の様子

 

momofamily.net

 

 発達障害を疑い始めた頃

momofamily.net